名刺管理サービスは名刺を管理するだけじゃない。データ化した名刺を有効活用する方法。 | 名刺を管理するプロフェッショナルツール「BizCompass」

名刺管理サービスは名刺を管理するだけじゃない。データ化した名刺を有効活用する方法。

皆さんは名刺管理サービスを利用していますか?
名刺管理サービスはとても便利な反面、様々な機能が付いていてなかなか使いこなせない、名刺を登録する以外はほとんど使わない。そんな方が多いのではないでしょうか。
確かに名刺管理サービスには様々な機能がついていて、導入してみたはいいものの使い方がわからず、なかなか社内に浸透しないといったお話も良く伺います。
そういった企業様にはサポート体制が整ったサービスのご利用をおすすめします。
訪問サポートサービスを行っているbizcompass

 

では、名刺管理サービスでは名刺の管理以外にいったい何ができるのか?
営業へとつながる名刺管理サービスの有効的な活用方法をご紹介します。

 

アポイントを効率化

名刺管理サービスに人脈検索の機能があるのはご存知でしょうか。
無料の名刺管理アプリはあくまで個人用のサービスです。そのため人脈を共有する機能はついてないことが多いですが、有料版の法人向けとして展開されている商品には大体人脈検索機能がついています。
今までこんなご経験にないでしょうか。
「○○株式会社の案件を決めたいのだけど、なかなか決裁者までたどり着けない。社内に誰か知り合いがいないかな。」
もし社内の誰かが○○株式会社の代表の方と繋がっていれば、アポイントの取得も簡単になると思いませんか?そんな時に利用してほしい機能が人脈検索です。人脈検索機能は社内の名刺を一括検索することが可能です。会社名や人物名で検索すると、交換したことのある社員の名前が確認できます。
初対面の人からのアポイントより、1度会っている人からのアポイントとではどちらの方がアポイント率が良いか明確ではないでしょうか。
この機能を利用すれば時間をかけずに決裁者までたどり着ける可能性が高くなるのです。

 

名刺は見込みの宝庫

有料の名刺管理サービスであればほとんど名刺情報をcsvで出力することができます。データ化した名刺情報があれば、様々なことに活用できます。
例えばメールマガジンです。今すぐにはお客様にならない名刺にもメールマガジンを配信し続けることで、見込み客へと変化します。またCRM機能に連携すれば、その案件管理まで行うことができ、アプローチからその後のフォローまでたった1枚の名刺情報で行うことが可能になります。名刺をしっかりすることで、顧客情報まで管理できてしまうのです。
また営業以外にも活用することができます。
会社でまとめて年賀状やお歳暮、お年賀を贈る際、リストを作るのは大変ですよね。
そのリスト管理も名刺情報があれば簡単に整理することができます。

 

名刺はただ管理しているだけでは勿体ないのです。
一度デスクや名刺ケースに入れっぱなしの名刺や、名刺管理サービスに登録しただけの名刺を見直してみませんか?そこにお客様がいる可能性は大いにあります。
有効活用をして、さらに事業の効率化、収益向上につなげましょう。

おすすめ記事

ビジネスからママさん名刺まで、名刺管理サービス&アプリ13選
名刺を賢く営業ツールにする方法
知らないと損?!お歳暮リストをアッという間に作る方法
デキる営業マンはやっている!空き時間に見込みを作る方法

▼bizcompassのお問い合わせはこちらから

DL1014trial1014

 

 

Share on FacebookTweet about this on Twitter