名刺の効果的デザインはどんなものか | 名刺を管理するプロフェッショナルツール「BizCompass」

名刺の効果的デザインはどんなものか

ビジネスシーンにおいて、名刺交換は欠かせません。
特に、全く何の情報もない初めての企業訪問では、この名刺を見てどんな会社なのか想像することになる場合があります。
よって、効果的デザインにした方が有効的と言えます。

例えば、デザイン関係の会社であれば、当然、デザインに凝っているものが万人受けすることになるはずです。
今まで見たことのないような斬新なデザインの名刺を貰うことで、この会社ならステキなデザインを制作してくれるだろうと相手側は思ってくれるかもしれません。

一方、元々、堅いイメージのある官公庁や医療関係者と名刺交換をするという場合には、これはあまりデザイン性にこだわる必要はありません。
きらびやかなデザインの名刺では信頼できないと、相手側に思われてしまうかもしれないからです。シンプルな台紙にただ名称を印刷したものが好まれます。

このように、職種によって名刺のデザインも異なってきます。
目的の相手が不在という時には、ただ名刺を受付に置いて帰ってくるということもあるはずです。だからこそ、こだわるところはこだわって制作することが重要となってきます。

いろいろとデザイン性豊かなものにしても違和感がない職種といえば、デザイン系会社はもちろんのこと、IT系企業やクリエティブ系が挙げられます。
これらの職種は斬新さが売りとなることが多い企業です。そこで、様々なアイデアを出して名刺を制作することになります。

まず、カラー選びが重要です。
通常、シンプルな白やクリーム色が台紙となります。
ところが、クリエイティブ系企業では、あえて華やかな目立つカラーを台紙に使うことがあります。その方がパッと見ただけで目立つからです。

もしくは目立つようなイラストや写真などを入れてみるというのも、いいかもしれません。実際に行われているものとしては、その人の顔写真を入れることです。これなら、もし相手と会えなかったとしても、どんな人がやって来たのか一目瞭然となります。

また、その会社が推している商品のイラストや写真を入れてみるというのも、お勧めです。
企業名にピンと来なくても、その商品からどんな会社なのか、相手側も知ることができる場合があるからです。

いままで様々なデザインの紹介をしてきましたが、職種に合った効果的デザインを考えて制作することが重要となってきます。
最近はデザイン性に凝ったものが多くなってきていることもあり、どこの企業でも競争して斬新なものを制作する傾向にあるようです。

Share on FacebookTweet about this on Twitter