【名刺・管理】便利な名刺管理ツール

名刺は、ビジネスマンにとって必須のアイテムです。
取引先との関係を構築する上で、まず初めてお会いする方とは最初に名刺を交換します。
自分が所属する会社や部署、氏名、連絡先など、自分が何者なのかを簡単に示すことができる、便利なものです。

社会人経験が長くなると、頂いた名刺の数も多くなります。
それだけ、様々な人と関係を築いてきた結果だと言えますが、管理する手間がかかるようになります。

昔は名刺の管理ツールとして名刺管理専用のホルダーなどを用いました。しかし、今ではIT技術が発達したことによって、名刺の管理ツールも進化しました。

最近ではスマートフォンやタブレットに名刺管理アプリをインストールすることが主流になりつつあります。
名刺管理のアプリには、OCR機能が備わっているものもあります。OCRとは、手書き文字や印字されたものを、光学的に読み取る技術です。スマートフォンのカメラで撮影した画像から情報を読み取り、文字データを自動的に入力してくれるので、自分で作業をしなくても済みます。ただし、読み取る精度は約60%なので、正しく入力されているか、後でチェックが必要になります。
また、代わりに手作業で入力してくれるサービスもあります。

他にも、アプリで管理する利点は名刺のデータをクラウドに保存できることです。
クラウドとは、データをスマートフォンやタブレットに保存するのではなく、ネット上に保存するサービスのことです。
パソコンでも使用できるアプリを使うことによって、会社にいる時でも外出中でも、クラウドを通して名刺のデータを確認することができます。
必要な時にすぐ確認できるので、大変便利です。また、ほとんどのアプリがセキュリティ対策をしていますので、安心して使うことができます。このように、名刺の管理ツールは進歩し、現在ではアプリがとても使いやすくなっています。時間短縮にもなるので、ビジネスには不可欠です。

「資料ダウンロード」ページへ
「無料トライアル」ページへ

Share on FacebookTweet about this on Twitter