【営業・トーク技法】営業でお客様を引き付けるトーク技法 | 名刺を管理するプロフェッショナルツール「BizCompass」

【営業・トーク技法】営業でお客様を引き付けるトーク技法

みなさんは、仕事をする上で、新規の営業でお客様とアポイントが取れ、打ち合わせをした際に、緊張してうまくしゃべることができなかったり、言葉に出して説明するときに言いたいことを上手にいうことができなかった経験はありますでしょうか?
社会人になり営業の仕事に就くと、年齢や性別、業種など様々な分野の人と多く接することがあります。
そこで、社会人として働くうえでの営業のトーク技法についてわかりやすく3つのポイントにして述べていきます。

まず一つ目のポイントは、「取引相手や取引企業の情報、今まで行ってきた取引についての流れを把握すること」が基本となります。
その情報から、取引相手がどのようなことを求めているのか、絶対に説明しておかなければならないことをきちんと頭の中を整理して商談に向かうようにしてください。
上手く話すトーク技法は、経験や才能、スキルなども関係していますが、一番大切なことは、「入念に準備する」ことです。

二つ目のポイントは、「相手の話をよく聞き、頭の中で情報を整理する」ことです。
この、「相手の話をよく聞く」とは、子どもから社会人になっても言われることがあり、多くの人が実践していると思いますが、
ここで重要なのが、その話を聞いて重要な情報を頭でまとめることなのです。
相手の話をよく聞き、何を話しているのかを理解しなければ、会話は進展しません。営業で一番必要なことは、いかに相手から情報を引き出して、適切な返答をするかです。
しかし、情報を引き出すにはどのようにすればよいのかわからない方も多いと思います。
そのような方は、「雑談」をお勧めします。営業で商談する人のほとんどは初対面が多いと思います。
そんな人に難しい話を長々としたり、「まじめ」を突き通すことは大切なことだと思います。しかし、場を和ませ、相手との距離を縮めることも営業では非常に大切なことなのです。
雑談を通じて、お互いに共通の趣味などが見つかれば、一気に相手の懐へ入り、深い関係が構築することも可能です。關係が深まれば、プライベートでの付き合いやそこから新しい商談に発展する可能性も大きくあります。

そして三つ目のポイントが、「相手の目をしっかりと見て話す」です。
こちらも当たり前のように思われますが、実際きちんとできている人というのは少ないものです。
しっかりと、視線を外すことなく話をすると、説得力もありますし、力強い印象が伝わります。
視線をそらして会話をすると、相手からすると、誰と話しているのかなどと思われてしまい非常に印象を損ねます。

このようにトーク技法は様々ありますがこれら三つをおさえることにより、格段に営業が楽しく、仕事がより充実したものになります。

「資料ダウンロード」ページへ
「無料トライアル」ページへ

Share on FacebookTweet about this on Twitter