【名刺・管理】名刺の基本知識と管理ツール | 名刺を管理するプロフェッショナルツール「BizCompass」

【名刺・管理】名刺の基本知識と管理ツール

名刺は自己紹介も兼ねて自分自身の情報が印刷されたカードで、お客様や同業者、または初めてお逢いする方などに挨拶と同時に渡すものです。
名刺に記載される内容としては氏名や役職のほか、企業名や所属、所在地や連絡先・電話番号、最近ではサイトのURLや電子メールアドレスが含まれる場合もあります。

一般には耐久性のある紙質のものが多いのですが、それ以外の材質のものが使われる場合もあります。
日本を含むアジア諸国では名刺交換は慣習化されていると言われています。

資料によると1854年にフランスにおいて写真入りのものの特許が取られて利用され、欧米各国を始めロシアやドイツでも外国と商売を行う場合に使用されているようです。
欧米人の場合は商談の終わったあとで渡すのに対して、日本では最初商談に入る前に渡す機会が多いとされています。
標準的なサイズは日本の場合は91ミリ×55ミリとされ、欧米の場合はそれよりも少し小さくて89ミリ×51ミリとされています。
しかし、サイズには定まった大きさはないので、企業によっては非定型のサイズのものが使用される場合もあります。

名刺を多く交換しているとその量も溜まってバインダーに収める場合もあります。量が増えるとアナログでは手間もかかり古くなって紛失するというリスクも考えられます。
現代はデジタルの時代でこの要望に応えてくれるソフトも出ています。

以前は1枚1枚スキャナーを使って保存をかけていましたが、最近ではスマートフォンでも手軽に登録・保存できるものが増えてきました。
無料で使えるアプリなどもあり、操作は徐々に簡単になっています。
スマホのカメラで名刺の画像を撮影してそれをサーバーに送るとスタッフによって文字データ化してくれるものです。
人が行うので認識による文字化けも無いとされデジタルデータとして保存が可能になります。人力で行われながら無料でできるとあって人気になっています。
この無料名刺管理ツールを行っているのはクラウドサービスで、パソコンのブラウザからも利用することができます。
利用方法はまず指定の店舗からアプリをダウンロードします。利用するに当たってはユーザー登録が必要になります。

弊社が提供するサービスではプリンターを使って名刺を一度に登録することも可能です。興味がありましたら一度お問い合わせください!
「資料ダウンロード」ページへ
「無料トライアル」ページへ

Share on FacebookTweet about this on Twitter