【マーケティング・SEO】SEOとコンテンツマーケティング | 名刺を管理するプロフェッショナルツール「BizCompass」

【マーケティング・SEO】SEOとコンテンツマーケティング

最近の傾向として、WEBマーケティングにおいてコンテンツの最適化が重要な要素としてもてはやされています。
具体的には明確に定義されたオーディエンスに対して価値のあるコンテンツを提供しそれによって最終的に利益を得られるような行動を起こしてもらうようなマーケティングの方法です。
また、SEOとはGoogleのガイドラインを参考にすると、「WEBサイト等のユーザーが検索エンジンによってスパムと判断されること無く最適な状態で見つけてもらう方法、ノウハウ」といえるでしょう。

かつてのSEOは、検索エンジンのアルゴリズムを利用し、意図したサイトを技術的に検索ページの上位に表示させ、検索エンジンを運営している会社はまたその技術を上回るアルゴリズムを開発し、、、と検索エンジンとSEO対策の技術者とのいたちごっこが行われていた状態でした。

そういった状況のなかアルゴリズムの進化の過程でコンテンツの重要性が強調されてきました。提唱され始めたのがコンテンツSEOという考え方です。
具体的な定義としては、根拠のある設計による良質なコンテンツを投入することでサイトのメインターゲットに合ったキーワードで上位表示を目指し、アクセス数、売上を増やす方法のことです。
また、SEO=外部リンクという考え方の前提から区別するための用語ともいえるかもしれません。しかし、さまざまなSEOの手法の一つというのが正しい表現かもしれません。
コンテンツマーケティングにおいてもSEOにおいてもサイトに表示させるコンテンツが重要であることに変わりないのですが、より検索による集客に焦点を当てたものがコンテンツSEO、マーケティング全般の効果に焦点を当てたものがコンテンツマーケティングといえるでしょう。

そもそも検索はユーザーの自発的な行動でありそこにニーズがあるといえます。SEOで得られる顧客はこの検索まで至ったユーザーに限られます。
それに対してコンテンツマーケティングの場合にはさまざまな段階のユーザーに対して最適なコンテンツを提供することを検討していくことになり、より広範囲にわたって考慮する必要があります。
どのような顧客にどのような価値をどのように提供してゆくかというのはいわゆるマーケティングの根本といえるでしょう。

そうであれば検索されるかどうか、検索されないのであればコンテンツとしないということではなくより広い範囲でターゲット顧客が必要とする価値を突き詰め提供していけるかどうかが重要になってくるのではないでしょうか。

「資料ダウンロード」ページへ
「無料トライアル」ページへ

Share on FacebookTweet about this on Twitter