【マーケティング・メールマガジン】HTMLメールとテキストメールを使い分けることでマーケティング効果を上げる | 名刺を管理するプロフェッショナルツール「BizCompass」

【マーケティング・メールマガジン】HTMLメールとテキストメールを使い分けることでマーケティング効果を上げる

マーケティングにおいて、顧客に対する効果的なアピール方法の一つとして、メルマガ(メールマガジン)があります。
商品の宣伝やイベントの告知など様々な情報をエンドユーザーに提供することを目的とするメルマガを利用することは世界的にも一般となっています。今では企業だけではなく、個人でもメルマガを発行することが多くなってきました。

近年、人々のライフスタイルや価値観、情報を得るためのデバイスが多様化しています。
そのため、徹底的に顧客の目線をマーケティングに取り入れなければ、商品を売ることは難しくなっています。メルマガも、これまでのように一斉配信し、一方的な情報を送り付ける方法では成果が見込めなくなってきました。

メルマガを配信する上で課題となるのが「未読」や「退会を誘発してしまう」というケースです。
最近では、メルマガを発行する場合、内容だけではなく、個々の読者の生活環境や好みを配慮する工夫を行っている企業も増えてきています。具体的には、データ量、配信の頻度、購買申込み方法、配信停止などの仕組みにおいて様々な工夫が行われています。なかでも重要なのが、データ形式です。メールマガジンの形式にはHTMLメールとテキストメールがあります。

HTMLメールは、HTML言語で作成されたメールであり、様々な字体、カラー文字や画像を見ることができます。HTMLメールのメリットは見た目の良さにあります。画像や、様々なフォントやカラーで表現することで、目を惹く魅力的なものにすることができます。デメリットとしてHTMLメールは、読者が利用するデバイス、メールソフト、セキュリティーソフトによっては正しく表示されない場合があるということです。

一方テキストメールは、一般的なメールであり、決められた文字のみで表現されます。テキストメールのメリットは、デバイスやメールソフトによらず正しく表示されます。また、サイズが小さいのでデータの読み込みが早く、読者に手間を取らせません。

効果的なメルマガを配信するには、目的に合わせてHTMLメールとテキストメールを使い分けることが必要です。読者にブランドとして印象付けたいのならば、HTMLメールを選び、素早く必要なことのみ配信したいのならばテキストメールを選ぶなどの工夫を行うことで、より効果が得られる可能性が上がります。

メルマガで内容を一方的に知らせるだけではなく、個々の読者のニーズにあった表現でいかに内容を伝えるかがこれからのマーケティングには必要不可欠です。

「資料ダウンロード」ページへ
「無料トライアル」ページへ

Share on FacebookTweet about this on Twitter