名刺管理システムで既存顧客への良対応を目指す。先進的な企業が名刺管理システムを導入するわけ | 名刺を管理するプロフェッショナルツール「BizCompass」

名刺管理システムで既存顧客への良対応を目指す。先進的な企業が名刺管理システムを導入するわけ

国内ビジネスは既に、社会の高齢化や人口減少など、新規の顧客開拓が非常に難しい時代を迎えています。
新規顧客へのセールスや、マーケティング活動は、既存顧客のほぼ5倍近いマーケティングコストがかかり、時間もとられてしまいます。
そんな中、日常的に従業員が行っている、名刺による顧客との接点。
それをより体系的に取り組むことができれば、商品やサービスを売り込む営業機会として、さらなる活用が可能になります。

しかし多くの企業で、名刺は、営業担当者が個人で管理しているにすぎず、部門や企業全体として、厳密に情報管理されていないのが実情です。
これではいくら営業ががんばっても、属人的な効果しか上げられず、企業全体としての底上げや、効率的な営業活動の実現はできません。

そのため先進的な企業では、顧客情報を、企業全体で活用していくために、名刺管理システムを導入するところが増えています。
企業全体で、ITを駆使して名刺管理すれば、特定の取引先が、社内のどの部門と接点が厚いのか? といったことも一目瞭然です。
総合的な顧客管理を実現することで、顧客への対応力がますます向上するでしょう。
たった1枚の名刺管理を、全社で統合的に行うだけで、企業内の隠れた人脈を、最大限に活かすことが可能になり、効率的で統合的な営業活動を、実現することができるのです。
今では多くの企業が、名刺を通した顧客対応戦略の重要性と、効率の高さに気がつきはじめていて、全社規模での名刺管理をするようになっています。

マーケティングという視点で考えると、商品やサービスは、そのほんの一部であり、じつは、顧客対応の良さによる満足度の高さが、ブランド力を高める結果になっています。
そういう視点で見たとき、これまで眠らせていた名刺による「顧客接点の掘り起こし」が、企業にとって大きなメリットであるということは、言うまでもありません。

これに気がついた企業は、名刺管理をより効率的に進めるようになっており、大きな成果をあげるようになっています。
昔では考えられなかったような名刺管理も、ITとビッグデータ管理を組み合わせて、驚くほど短時間に、低コストで、その成果を実感することができる時代がやってきたのです。

「資料ダウンロード」ページへ
「無料トライアル」ページへ

Share on FacebookTweet about this on Twitter