名刺管理システムは顧客にとっても大きなメリットがあります | 名刺を管理するプロフェッショナルツール「BizCompass」

名刺管理システムは顧客にとっても大きなメリットがあります

コンピュータのアプリケーションが、仕事の効率化を達成するようになっています。
顧客情報を管理する名刺管理ソフトもそのひとつです。

会社の活動は、優れた商材を開発して、顧客に提供することを主としています。
しかし商材を購入する顧客を見つけるには、探す過程が不可欠です。
最も一般的な探し方は、顧客とのやり取りを何度も繰り返し、信頼を勝ち取ることでしょう。この方法では、顧客と面識を持つために、様々な工夫を凝らさなければなりません。

その役目を実行するのが営業部であり、彼らの能力が会社の活動の成功を担っているといえるでしょう。

しかし優秀な営業部の人員であっても、取っ掛りが存在しなければ、営業を展開することは困難です。その取っ掛りになるのが、名刺です。
名刺交換は基本的に、面識を持っても問題ない相手と行うのが常であるため、営業員が交換に成功した名刺は、顧客になる見込みを持った相手だといえます。
そして名刺には、やり取りをする時の窓口となる担当者の名前の他に、電話番号やメールアドレスなどの連絡先が記載されています。

そんな名刺ですが、そこには成功の可能性が詰まっているため、管理には気を使います。
以前は専用のバインダーを購入して、名前順に並び替える方法が主流でした。
最近では名刺管理ソフトが開発されており、パソコンでの管理が行えるようになっています。

パソコンを使った名刺管理のメリットは、欲しい情報を探す事が簡単な点。
名刺管理ソフトには、検索機能が搭載されているため、理想の顧客を探したい時に役立ちます。
他にも名刺管理ソフトの利用は、社内情報の共有が簡単になるというメリットを持ちます。営業員の持ち帰った名刺は、個人管理する事が常でしたが、この方法では、情報の共有が上手くいっているとは限りません。
名刺管理ソフトを導入すれば、入力した情報を、社内の全ての端末から閲覧できるため非常に効率的です。
例えば、社内の営業員が既に営業をかけた相手を、名刺情報の入力を通して察知できます。これで、同じ相手に商材の説明をする無駄を省けるのです。
顧客にとっても、時間浪費を避けられるのでメリットがあります。
それどころか、二度も同じ商材を紹介された相手は、不愉快な気持ちを抱く恐れもあります。一度不愉快な気持ちを持たれると、商材を購入させることは極めて難しくなります。

以上の様に名刺管理ソフトを導入する事で、能率の向上や突発的な事故の回避が可能です。

 

bizcompassのお問い合わせはこちらから

DL1014trial1014

Share on FacebookTweet about this on Twitter