営業成績アップにつながる重要な三つのコツ | 名刺を管理するプロフェッショナルツール「BizCompass」

営業成績アップにつながる重要な三つのコツ

企業において、仕事の種類は大きく分けて3つあります。

ひとつ目はデスクワークです。
デスクワークは、パソコンを使用して表作成やデータの入力などを行うのが中心です。

ふたつ目は現場に出ること。
現場といっても様々な現場があります。工事現場、建築現場、生産現場、販売現場などなど…。工場などの生産現場で働くことは、場合によって重労働を強いられるので、大変なこともあるでしょう。
しかしそれ以上に大変な仕事があります。

それは三つ目の営業です。
営業には、勤めている企業にどれだけ貢献しているかという「営業成績アップ表」があり、何とか成績をアップしようと躍起になってしまう人が多い原因のひとつとなっています。
つまり営業とは激しい競争で、普通にこなしているだけではなかなか成績アップしていきません。

では、どのようにすれば営業成績アップにつながるのでしょうか?
そこで今回は、営業成績アップのコツを三つお話します。

ひとつ目は豊富な知識。
豊富な知識が備わっていれば、進捗が思わしくない同僚に助言して、仕事を円滑に進めることができます。また会社が欲しい情報や、お客様の必要な情報を伝えるのに役立ちます。

次に話術です。
話術は顧客との商談の時に必要なスキルです。
軽快なトークは、気さくな人だと相手に印象付け、「またこの人と商談をしたい」と思わせることが可能です。仕事を次々と獲得する可能性も高くなるでしょう。

最後に人間性です。
気分屋な人よりは誠実な人、非協力的な人よりは協力的な人、マナーの悪い人より常識的な人のほうが、良い印象を与えます。

この三点が営業成績アップに繋がります。しかしそれ以上に忘れてはいけないことがあります。
それはふたつの再現法です。

ひとつは接触回数を増やすことです。
人間は仕事を得るとき、自然と「やりたい仕事」「やりたくない仕事」を選んでしまいがちです。このように選り好みしていては、プライドが高い人間だと思われてしまいます。
やりたい・やりたくない精神は捨てて、全てを引き受けることで、相手に良い印象を与えることができるでしょう。

ふたつ目は自己開示です。
初対面や一時的な付き合いだからといって、何も打ち明けないのはよくありません。自分の出身地などの情報を、ある程度打ち明けることで、相手の共感を得ることができます。

先の事柄に加えて、ふたつの再現法を身に付けることによって、営業成績はアップしていきます。
一度自分を振り返ってみましょう。


関連記事

【取扱注意】人間性の見抜き方 – NAVER まとめ

Share on FacebookTweet about this on Twitter