営業をする時のポイント、気配りについて | 名刺を管理するプロフェッショナルツール「BizCompass」

営業をする時のポイント、気配りについて

企業の花形の仕事といえば営業です。
企業の業績に影響を与えてくるのは、優秀な営業の有無です。
営業が良い契約を結んでくれば、それだけ売上や業績も良くなってきます。

そんな営業のポイントとして、重要なのが「気配り」です。

営業職は人を相手にしたサービスです。相手への気配りができるか・できないかは、相手に与える印象に大きく影響します。

気配りといっても色々ありますが、新入社員の方であれば、まずビジネスマナーを完璧にしましょう。
最低限のビジネスマナーができていないと、相手に与える印象は悪くなってしまいます。
印象が悪くなってしまうとどうなるか?
契約を結んでくれなかったり、継続して依頼がもらえなくなってきます。
なので、相手に不快感を与えることがないように、ビジネスマナーをしっかりと覚えましょう。
社会人としてはもちろん、人間としても、ビジネスマナーを身につけていて損はありません。

他には、常に気配りを意識して、相手が何を求めているかを読み取れるようにすることも大切です。
営業しに行った時、長居していい雰囲気なのかどうかを見定めたり、相手が契約に関して不安がありそうな素振りをみせたら、そのことについて相談に乗り、不安を解消させてあげる、といった気配りや心配りです。

そのような気配りができるようになれば、営業をかけなくても依頼が入ってくるようになるでしょう。

Share on FacebookTweet about this on Twitter