名刺管理サービスをデータ入力ツールとして使うメリット

営業部のある会社であれば、CRMやSFAのサービスを導入している会社様も多いのではないでしょうか。導入していてもなかなか使いこなせていなかったり、入力するのが面倒で結局個人管理になってしまったり。そんなことはありませんか。

 

そもそもCRMとSFAの違いとは?

CRMとはCustomer Relationship Managementの略で「顧客関係管理」という意味になります。CRMは顧客との関係性を管理するシステムです。対企業であれば企業情報から担当者、どんなサービスを導入していて、過去にどんな問い合わせがあったか、顧客ごとに管理しています。顧客の属性や購入履歴を管理することでより顧客との関係性を維持、管理します。現在ではビックデータを活用することでより売上向上やコスト削減が行えます。

SFAはSales Force Automationの略で「営業支援システム」という意味になります。SFAは営業マンとクライアントとのコミュニケーションを支援するシステムです。顧客との折衝情報や進捗情報、納期やスケジュールといった情報の管理を行うことができます。

 

今回はCRMやSFAの元となる顧客情報の登録をbizcompassを使って素早く正確に行う方法をご紹介します。

bizcompassの特徴の一つは高精度のOCR機能です。99%精度で名刺情報をデータ化しています。データベースの元になる情報ですから、名前が間違っていたり、メールアドレスや電話番号といった連絡情報が誤っていたりすると営業活動の障害になります。
bizcompassでデータ化した情報をCVSで出力し、そのデータをCRMやSFAに連携すれば正確なデータを素早くシステムに取り込むことができます。
イベントや展示会などで名刺交換を行ったお客様にいち早くアプローチをしたい、営業管理をしたいとお考えの方におすすめです。
イベント期間中に撮影した名刺は素早くデータ化されるので、CRMに連携を行えば顧客が商材の内容を覚えているうちにアプローチが行えます。アプローチが遅くなればなるほど、他社とも競合してしまいます。

 

名刺を管理するだけでなく、入力ツールの一つとしてもbizcompassをご使用いただけます。
このように入力ツールとして利用することで、手間のかかる顧客情報の入力を簡単に行うことが可能になります。

また、新しくCRM、SFAを導入したいとお考えの会社様にもbizcompassはサイボウズのkintoneと連携しているので、連携ボタン一つで簡単に顧客管理、営業管理が始められます。
ぜひこの機会に会社や部署の顧客管理と営業管理を始めてみませんか。

 

▼おすすめ記事
【株式会社シーイーシー様】セミナー、展示会で大活躍!
bizcompassとkintoneの連携

 

▼bizcompassのお問い合わせはこちらから
DL1014trial1014

Share on FacebookTweet about this on Twitter